私たちの目指すもの

  • 依田真門

    過去四半世紀に地球規模で起きた変化は、知や情報の概念を変え、私たちの仕事のやり方や、働く上で必要なスキルの中身も一変させてしまいました。当然の様にマネジメントやコラボレーションの方法、人の育成や評価の基準も変え、何よりコミュニケーションの重要度を大幅に引き上げました。

    とはいえ、それに合わせて社会の仕組みや組織の文化も変わってきたかと言うと、そうは言えません。変化に追いつかない組織運営、現実を把握できない管理者層、実態と乖離した意思決定の仕組みなど、構造的にも価値観の面からも、旧態依然が幅を利かせ、しわ寄せが個人に集中している例が、あまりに多く観察されます。

    個人も組織も変わらないといけません。この点に異論を挟む人は、殆どいないでしょう。変えるためには推進力が必要です。キーワードは「物語」です。すなわち、従来の(殆どが無意識で乗っかってきた)個人や組織の「物語」を見直し、自分の、また自分たちの本領が発揮できる新しい「物語」(オールタナティブストーリー)を、見出すことが最初の一歩です。

    人は皆、物語的世界に生きています。そして私たちはしばしば、自ら思い込んだ“単一の”物語に囚われてしまっています。まずは、そこから抜け出さなければいけません。多様な物語と出会って、視野を広げる中から“別様の”自分の姿、オールタナティブな自分の物語を、構築していくことが必要なのです。

    個人も組織も、今は大きな転換期の渦の中にあります。自分の、自分たちの、本領が発揮される物語を、広い視野から再構築する活動を今まさに開始しなければいけない時期に来ています。世界全体の動きと変化に、多くの日本企業が遅れを取っている、というのが私たちの実感であり、大いなる危機感です。

    皆さんの本領発揮の物語、是非、ご一緒に創っていきましょう。

  • 代表プロフィール

    依田真門

    商社マンとしてアフリカに勤務していた頃、ビジネス上の出来事から訴追され、窮地に立たされた。日本から遠く離れての一人駐在。相談できる相手もいない。突然警察が踏み込んできて、逮捕されてしまうかもしれない。そんな時、子供の頃に読んだ「ヤマタノオロチ」の話が思い出された。解決案にはなりえなかったが、現実と戦っていく「カマエ」が出来た。

    北京でプロジェクトを進めている真っ最中に天安門事件が起きた。日本政府からは退去要請が出された。右往左往しつつ途方に暮れている時、幼い頃親に読んでもらった「ノアの箱舟」が思い出された。船に積めるだけ大事なものを持って非難する。その通りに行動した。

    様々な物語が、色々な場面で人間に“生きるための手すり”となっていることに気づいたのは、こうした出来事からずっと経ってからだ。それまで意識さえしていなかった。研修講師として独立し、グローバルマネジメント、説得のコミュニケーション、多文化コラボレーションなどをテーマに、様々な課題と対峙していく中で、空気の様に取り込んできた多様な「物語」が、人の基層にあって重要な働きをしていると気づいた。「物語思考」が生まれた。

    元々エンジニアになって鉄を作ろうと、理工系大学で金属の精錬法などを学んでいた。学ぶうちに、作る設備に関心を持つようになり、結局商社に入って製鉄機械を売り始めた。ビジネスのフィールドはもっぱら途上国となり、中国、インドネシア、タイ、マレーシア、また中南米やアフリカを歩き回った。西アフリカのガーナに5年間、所長として駐在し、異文化のマネジメントを経験した。“日本流”が、全く通用しないことを痛感し、文化が壁にもなれば武器にもなることを、ここで学んだ。

    文化が違っても、お互いの物語が交換されると関係の様相は明らかに変化する。理不尽に見えたリーダーの話も、物語とセットで示されると共感すべきものに聞こえ始める。不幸で不運な自分の過去も、大きな物語の一つの局面と捉え直すと未来の見え方は一変する。バラバラだった組織も、物語を共に描いていくことで、つながりができ始める。

    「物語思考」が世界を変える。これが依田の信念だ。研修は、これを実現していく手段である。協力できる仲間と積極的に連携し、共に世界の閉塞と戦っていく。「物語」は人間の力を高める。「物語」は解決の道を拓く。「物語」は人と社会を豊かにする。「物語」は社会や組織の別様の可能性を拓く。「物語」は世界をかえる。

    「物語」の力を信じ、共に世界を変えていこうとする人々に、依田は常にオープンだ。


    依田真門(よだまこと)

    ◆株式会社エイシア 代表取締役
    ◇跡見学園女子大学 兼任講師(世代別コミュニケーション論、メディア言語論)
    ◇大東文化大学 兼任講師(異文化コミュニケーション論)
    ◇拓殖大学 兼任講師(グローバルコミュニケーション論、等)
    〇早稲田大学理工学部金属工学科卒業(学士)
    〇立教大学大学院 異文化コミュニケーション研究科卒業(修士)